BRM307石廊崎400

d0081997_10510694.jpg
3月7日(土)、AJたまがわのBRM307石廊崎400に参加してきました。
3月という季節に雨と強風が加わり、とても厳しい400kmでした。






【事前準備】
400kmの制限時間は27時間。つまり、夜を超えて走ることになります。
天気予報から、当日は雨となることがわかっていました。
季節はまだ3月。昼間ならともかく、夜、ましてや雨が加わる中を走らなければなりません。
なので、できるだけのことを事前に準備しました。

d0081997_11020373.jpg
ヘルメットには、ヘルメットカバーをつけました。
反射素材付きです。

d0081997_11034923.jpg
雨の降り具合がわからないし長距離でもあるので、ちゃんとしたレインウェアで行くことにしました。
上はSUGOIのRPMジャケット、その上に反射ベストを着ました。下はパールイズミのレインパンツ。

d0081997_11112810.jpg
手は、毛糸の手袋の上にパールイズミのレイングローブを重ねました。
真夜中の伊豆の山中でも一度も冷たさを感じることなく正解でした。
足は、パールイズミのレインシューズカバー。

d0081997_11203556.jpg
足には、更にDexShellの防水ソックスを履きました。

d0081997_11234016.jpg
自転車は、まずシートポストをビニールテープで覆いました。

d0081997_11262517.jpg
防水仕様ではないモンベルのフロントバックには、同じヘルメットカバーを付けました。これがサイズ的にもピッタリでした。
中身は、輪行袋、レスキューシート、ビニールテープ、タイラップ、ビニール袋に入れた外部バッテリーを入れています。

オーバーナイトとなる400では、ライトを2灯とすることが義務付けられています。
伊豆の山中は街灯もなく真っ暗ですから、持っている中で最強のライトを付けました。
・Fenix BT20 バッテリーはフロントバックへ。最大750ルーメン、最長点灯21時間。
・MOON X-POWER500 最大500ルーメン。最長点灯11時間。メインライト。照射範囲が広く、基本この1灯だけで十分。
・owleye(オウルアイ)ハイラックス30 最大150ルーメン。最長点灯8時間。サブライト。足元点灯が必要なときに使用。
・ユニコBikeguyジェミニUSBライト。14gととても軽く、交互点滅で36時間。昼間の安全のために使用。
400のことだけを考えると過剰装備かもしれませんが、400以上でも仕様は変わらないことから試験的な意味もありました。
ユニコだけは防水ではないのでビニールテープを巻きましたが、それ以外は防水仕様を信じて何も対策はしませんでした。

d0081997_11433213.jpg
私はキューシートは念の為に持ってはいますが、見ることはせずにGPSにルートを入れて走ります。
使用しているGPSは、アトラスCM-13。IPX7準拠仕様ですが外部バッテリーに接続しているため、ビニールテープで覆い、その上からジップロックをかぶせました。
ジップロックの上からでもタッチ操作は問題なくできます。

d0081997_11500038.jpg
d0081997_11500515.jpg
泥はね対策としてのGIANT純正フェンダーです。
後ろを走っていた人に聞いたところ泥はねもなく、思った以上に効果はあるようです。

d0081997_12330905.jpg
どうしようか迷いましたが、この時期雨で濡れるとその後が大変なので着替えを持って行きました。
定番のオーストリッチリュックに、
・上下アンダーウエア
・靴下
・DexShellの防水グローブ
・ネックウォーマー
リュックも含め軽いものばかりなので、気にはなりませんでした。

自分と自転車は、以上の装備でスタートしました。
結果、どこも濡れることなく寒くもなく、快適にライドすることができました。
長距離になればなるほどこういう準備や装備が、とても重要になってくると思います。そして、結果、安全に走行することに繋がることと思います。


【当日】
d0081997_12470578.jpg
朝起きて、真っ先に外を確認すると、強くはないですが小雨が降っています。
ああーやっぱり雨か、今日は厳しくなりそうだ、覚悟を決めてレインウェアを着込みます。
受付も、雨があたらない橋の下です。あって良かった橋の下(笑)
やはりDNSが多いようです。この時期の雨の400です。それもひとつの英断です。

d0081997_12540030.jpg
06:58、小雨が降る中、スタートです。
しばらく走り、R1へ出るころには雨は上がりました。
d0081997_22262267.jpg

d0081997_12551297.jpg
d0081997_12582188.jpg
09:42、PC1ファミマ逗子渚橋店。-48分。
ここまでは、追い風で順調に来ることができました。
しかし、ここからが海岸線。向かい風が始まります。
d0081997_22271457.jpg
d0081997_13004566.jpg
12:25、ローソン西湘江の浦店で昼食休憩を入れます。
次のPC2は、100kmほど先なのでほぼ中間であり、時間的にもここでお昼休憩と決めていました。
雨も止み、向かい風の中ですがそれほどでもなく、予定通りに進んでいます。

d0081997_13062452.jpg
12:53、天気が悪いのでカメラを取り出す気にはならないのですが、雨が降っていない今のうちということで撮りました。
湯河原の街中を過ぎて、熱海ビーチラインを眼下に見下ろしながらR135を走るところです。

d0081997_13122124.jpg
15:17、PC2ローソン伊豆高原店。-2時間3分。
食べたかった間瀬のいちご大福もスルーし(お店の前には誰もいなくシーンとしていた)川奈の上りもクリアし、黙々と走行。
冬装備にレインウェアだと、上りだと暑いくらいでした。

さあ、ここからは走ったことのないルートの石廊崎までです。
ブリーフィングでは、片道50km、獲得標高もかなりあるようなことでしたが、まあゆっくり上がれば問題ないでしょう。
d0081997_22280929.jpg


d0081997_13220577.jpg
16:06、突き出た半島に住宅やらホテルやら密集していたのでパチリ。
稲取温泉でした。

伊豆半島最先端の石廊崎まで海岸線をずっと南下していくのですが、だんだん向かい風が強くなってきます。
天気図を見て低気圧に向かって走ることになることはわかっていましたが、途中で台風なみの暴風になります。
煽られてハンドルがとられ歩道の縁石にぶつかりそうになったり、上りで押し戻されたのはびっくりしました。
頭上では、ゴオーゴオーと鳴り響き、竹林ではバチバチと音がしています。
このまま走り続けることは危険と判断し、自転車を降りて押して歩きました。
ほんの100m程度でしたが、向かい風がホント強くて押して歩いて進むのも大変なくらいでした。

d0081997_13324616.jpg
18:11、そんな危険地帯を何とか脱出し、ようやく目的地の石廊崎へ到着しました。
すっかり陽も落ちて暗い状態でしたが、証拠となるフォトコントールの撮影をします。
よく無事に着いたものだと思いました。

さあ、ここから折り返しです。残り半分の200km。
しかし、逗子の海岸を出てからずっと向かい風と格闘しながら走ってきました。
ここまで200km走ってきたわりには、かなり疲れていることがわかります。
そして夜となるので、写真撮影はしないで走ることに専念することにしました。
d0081997_22284153.jpg

18:56、PC3のセブン南伊豆弓ヶ浜入口店到着。-2時間36分。
走っているときはいいのですが、コンビニで休んでいるとあっという間に体が冷えてきてしまいます。
今後走りきるためにも、時間がかかってもここはどこか暖かいお店に入って夕食を食べようと思いました。
d0081997_13545846.jpg
d0081997_13550101.jpg
夜遅くになると閉まってしまうお店が多いと聞いていたので、最初に見つけたジョナサン下田店に入り食事をとりました。
1時間程度休憩です。
山中に入るとお店もないので、街中にいるうちに休憩をとって正解でした。

d0081997_22295146.jpg
ここからPC4の熱海下多賀まで67km。
伊豆高原までは折り返しですが、伊豆高原からは川奈を通らず伊東に行くコースになっています。
斜度はそんなにありませんが、この区間がずっと長い上り区間で思った以上に苦しみました。
夜で真っ暗なので先が見えないのですが、時々通る車のテールランプで、ああーまだまだあそこまで上りかー、と思いながら走ります。
途中、何人かのブルベライダーを一緒になりますが、みな苦しんでいるようです。長いですねー、なんて声をかけながら頑張ります。

00:24、予想以上に時間がかかり、PC4セブン熱海下多賀店に到着。-2時間4分。
休憩していると、ポツポツとブルベライダーが到着します。みんな頑張っている、自分一人だけじゃない安心感がありますね。
次のPC5までは74km。
でも、よく知っている道なのでこんな深夜の時間帯ですが不安はありません。

d0081997_22301524.jpg
03:30、いつもの大磯ファミマでトイレ休憩を入れます。

04:30、江の島通過。たまがわ名物の鎌倉山ヒルクライムに入ります。
入口は真っ暗で、闇の入口です。
ここで、Fenix BT20を初めて点灯します。広範囲にとても明るく、使えることがわかりました。

05:19、伊豆高原300でも使用したPC5ファミマ鍛冶ケ谷店に到着です。-2時間1分。
この後はゴールを目指すだけです。制限時間は10:00です。完走が見えてきました。
でも、これからは市街地が多くなります。早朝の時間帯になりますが、タクシーなどに注意して安全に行きましょう。
d0081997_22341223.jpg
横浜が近づくにつれ、雨が降ってきました。
強い降りではないですが、しっとり濡れてきます。
向かい風が収まったかと思えば、雨です。
ブレーキが甘くなるので、信号stopに気をつけながら進みます。

07:58、やっとゴールです。-2時間2分。
思ったより時間がかかりましたが、無事にゴールすることができました。
これまでは、300を見越した200、400を見越した300でしたが、今回は全然余裕がありませんでした。
雨と強い向かい風で最後はボロボロでしたが、初の400kmという距離、徹夜で走りきる、雨装備という難題の中、無事に完走できたので良かったです。

d0081997_16205159.jpg
総走行距離は、431.04kmでした。もちろん、自己最高です。
残すはいよいよ600のみですが、いい天気がいいな(笑)

リザルト:24時間58分、400km。



by 22step22 | 2015-03-09 14:24 | GR-D4
<< 高尾ふたこぶ食堂 DBKグルメライド〜武蔵野うど... >>