比較その1-明るさ比較


明暗の激しい、カメラにとってはきつい場面での比較を行ってみました。
比較は、
・Z750 JPEG最高画質
・K100D JPEG最高画質
・K100D RAWからJPEGフルオート
・K100D RAWからJPEGカスタム



d0081997_2292192.jpg

まずは、Z750 JPEG最高画質です。
これはこれでありだと思いますが、日が当たっているところの白飛びが多いです。

d0081997_22125445.jpg

次に、K100DのJPEG最高画質です。
Z750と似た感じになっていますが、Z750が全体的に白っぽくもやっとしていのに対し、
しっかりした感じになっています。

d0081997_22133317.jpg

次に、K100D RAWからJPEGフルオートです。
全体的に、暗いです。そのかわり、白飛びは抑えられています。

d0081997_2214103.jpg

最後に、K100D RAWからJPEGカスタムで、手動で仕上げました。
このように、自由に自分好みの絵作りができるのが、RAWの良さでしょうか。
その分、手間暇がかかります。

昔、暗室で、光を当てる時間を調整して白黒写真を仕上げたのを思い出しました。

# by 22step22 | 2006-08-07 22:21 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

初撮り

d0081997_20544529.jpg


Model - PENTAX K100D
Software - PENTAX PHOTO Laboratory Ver. 3.00
ExposureTime - 1/60 seconds
FNumber - 4.50
ExposureProgram - Landscape mode
ISOSpeedRatings - 200
FocalLength - 21 mm
ExifImageWidth - 600
ExifImageHeight - 400


次の日、涼しいうちにと朝早く起きて、近くの公園で試し撮り。
21mmの広角いいですねー。スナップには、もってこいのレンズです。
40mmにしなくて良かった、と思いました。

ファインダーを覗くっていいですね。撮影に集中できるというか、周りから遮断され
ファインダー中に自分の世界が広がるというか。

シャッターボタンを押して、シャッターが切れる感覚が、とても良いです。
一眼レフって、やっぱいいなあー。

このK100Dのシャッター音は、バシャバシャという感じの音でショックも大きめです。
CanonやSONYみたいに、軽やかな電子的ではありません。

洗練された感じはしませんが、逆にメカニカル的で、私は好きですね。

試したい機能はたくさんありますが、まあ、ゆっくりつきあっていくつもりです。


# by 22step22 | 2006-08-07 21:04 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

ママのお誕生日

d0081997_23244794.jpg



Model - PENTAX K100D
ExposureTime - 1/30 seconds
FNumber - 3.50
ExposureProgram - Creative program
ISOSpeedRatings - 200
ExifImageWidth - 600
ExifImageHeight - 400
ExposureMode - Auto
WhiteBalance - Auto

昨日は、○回目のママの誕生日。
今日、娘が買ってきたケーキで、1日遅れのお誕生日会をやりました。
と、言っても、ただケーキを食べるだけですが・・・・

K100Dの内蔵フラッシュ、なかなか強力のようです。


# by 22step22 | 2006-08-06 23:34 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

K100D到着!

d0081997_16132934.jpg


撮影:全て905SH

酷暑でヘロヘロになったお台場から帰宅すると、待望のK100Dが待っていました!

d0081997_16144553.jpg

箱を開けると、K100D本体、DA21mmパンケーキレンズ、活用ガイドブック、数量限定予約者特典のeneloop、キャッシュバッグ申込書が入っていました。

d0081997_16174477.jpg

本体の箱です。ボディがコンパクトなので、箱もコンパクトです。

d0081997_16183151.jpg

本体の箱を開けると、このようになっていました。

d0081997_16192874.jpg

本体を取り出すと、レンズ部分に白いボディマウントカバーが付いています。

d0081997_1622835.jpg

本体の裏側です。

d0081997_1623388.jpg

続いて、DA21mmパンケーキレンズの箱です。
レンズの大きさの割には、大きめの箱です。

d0081997_16235377.jpg

レンズの箱を開けると、中もきっちり梱包されていました。

d0081997_16245954.jpg

レンズを取り出すと、黒い皮のポーチに入っていました。

d0081997_16262490.jpg

大きさの比較のために、タバコを横に置いてみました。

d0081997_16293762.jpg

レンズキャップを取ると、フードが装着されています。
レンズキャップ、フードともに、安っぽいプラスチックではなくアルミの削り出しで、質感は最高です。

d0081997_16373282.jpg

レンズを保護するために用意した、43mmのMCレンズガード。
このDA21mmは、フードを使用しない場合はレンズの先に49mmが付きますが、その溝にフードが付くので、フードを使用する場合は付けることができません。

d0081997_16404090.jpg

フードを使う場合は、フードの裏側に溝が切ってあり、その溝に43mmのレンズガードを内側から付けることになります。

d0081997_16421240.jpg

無事、フードの内側にMCレンズガードを装着。

d0081997_16433693.jpg

非常に薄いパンケーキレンズですが、このように目盛りはきっちり彫ってあります。
造りは非常に良いです。

d0081997_16455353.jpg

レンズを付けるために、ボディマウントカバーをはずします。

d0081997_1647144.jpg

レンズの装着は、本体の赤丸とレンズの目盛り中央の赤線を合わせます。
合わせるとこのような位置関係になるので、そこからレンズを右に回転させます。
レンズの根本には回転させるために溝が切られており、しっかり装着できるようになっています。

d0081997_16495383.jpg

ご対面!です。パンケーキレンズの薄さが光ります。

d0081997_16513055.jpg

現在使用しているデジカメたち、Canon Power ShotS2 ISとCASIO Z750と共に。

Canon Power ShotS2 ISは、今までのメイン機種で、手ぶれ補正付き12倍の光学ズームを持ち、36~432mm相当をカバーします。ズームレンズもF2.7~3.5と明るいです。

1.8型のバルアングルモニターを装着し、マクロも何と0mm!からで、低い位置からの接写は高級一眼レフもかないません。画質も定評あるCanonらしい絵づくりで、非常にまとまったカメラだと思います。

CASIO Z750は、薄型コンデジの先駆けとなったCASIO EXILIMで、720万画素を誇り、そのボディからびっくりするくらい綺麗な写真が撮れます。
薄さ、軽さは抜群で気楽にポケットに入れられ、スキーなどにはもってこいのカメラです。

d0081997_16554172.jpg

上から見ると、K100Dの厚さがよくわかります。
Z750は、さすがに薄いですね。

d0081997_1793074.jpg

最後に、予約者の特典として付いていたeneloop。
充電済みで、すぐ使えるようになっているのには驚きました。

すでに深夜となり撮影とはいかないので、上部と背面の液晶画面に、プロテクターを貼り、とりあえずシャッターを切ってみたり、一通り各操作ボタンを動かしてみる。不具合はなさそうで、一安心。

こうして、これから長い付き合いになるだろうK100Dがスタートした。
フィルム以来の一眼レフだが、ビデオカメラとは違い、その一瞬の感動、想い出を写しだして
くれるだろうと期待して、今夜はこれまで。

あ~、疲れた。




# by 22step22 | 2006-08-06 16:32 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

発送メール!

d0081997_173290.jpg


905SHにて撮影



オーダー先より、現在欠品中、次回入荷は8月頭頃の予定だが、遅れる場合
もある、とのことだったので、来週中に届けばいいなー、と思っていた。

しかし、今日帰宅してみると、本日発送した、とのメールが来ていたでは
ないか!
おおーっ! 今日発送ということは、明日届くではないか!

来週と思っていたので、受け入れ準備ができていない!
てなわけで、大急ぎで購入したのは、

左から、
・PENTAX カジュアルストラップ キャンパス

・スエードポーチ

・43mm、49mmのMCレンズガード

・液晶プロテクタ

2GBのSDカードも発注済みだが、届くのは来週。
とりあえず今もっている1GBで試し撮りをしようと思う。

それにしても、8/2に発注して、明日の8/6に届くとは思ってもいなかった。
がぜん、わくわくしてきたぞ!

でも、明日は娘とお台場へ行く約束があり、ご対面は夜になりそう。
まあ、楽しみは後に取っておくとするか。


# by 22step22 | 2006-08-05 01:02 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(2)

K100Dにした理由


きっかけがSONY α100だったのに、どうしてPENTAX K100Dになったかと
いうと・・・・・・

・価格が安い
 α100は、SONYということもあって、人気、注目度No.1である。よって、
値引きは難しく安いところもない。
そんなα100に比べてK100Dは、価格が安い。
更には、PENTAXが1万円のキャッシュバックを行っており、この太っ腹が
素晴らしいと思った。

・性能
 価格が安い割には、今が旬の技術である手ぶれ機能があり、軽量
コンパクトなデジイチに仕上がっている。
大きく重い一眼レフを避けたい私にとって、文句なしである。

・評判が良い
 発売後、いろんなサイトのレビュー、感想を見たが、みな評判が良く、
私には充分である。

・RAW
 今までデジカメを使用してきたが、みなコンデジなので、RAWはなく
JPEGのみだった。
RAWがJPEGよりどれだけ良いか、試したかった。

・パンケーキレンズ
 今までPENTAXのカメラは使用したことがなく、私にとってK100Dが
初めてのPENTAXカメラとなる。今までは、全てCanonだった。

デジイチもCanonにすれば、今所有しているCanonレンズも使用
できたかと思うが、このパンケーキレンズを使ってみたいたがために、
ボディも初のPENTAXとなった。
他にはこのようなレンズはなく、今から楽しみである。
このレンズが、K100Dを選択した一番の理由である。

PENTAXというと、老舗というイメージがあり、昔からまじめに取り組んで
いるという感じがするが、今一ぱっとしない、Canon、Nikon次の
メーカーという感じもする。

果たして、どんな写真を見せてくれるだろうか。


# by 22step22 | 2006-08-04 23:07 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

きっかけは・・・


散々悩んだあげく、昨日K100Dのオーダーをした。

きっかけは、SONYのα100の発売である。α100の発表から注目していた。
やがて発売になり、大型量販店で手に取ったり、レビュー写真を見たりしていたら、昔、一眼レフで写真を撮っていた頃を思い出した。

私の最初の一眼レフは、CANON EFというもので、その当時他の機種のシャッタースピードは1/1000までだったが、このEFは1/2000まであり、フィルム巻き上げレバーの所に回転するものがあり、シャッタースピードがすぐに変えられるのが売りだった。

また、AFもなく、全てマニュアル操作で、ピントは、ファインダーを覗くと、中央に丸い枠があり、その枠が上下に分かれていて、上下に分かれている映像がピッタリ合えばOK、というものだった。
他には、オリンパスのOM-1が発売され、そのコンパクトさ、顕微鏡メーカーが作ったカメラということで、話題になったのを覚えている。

その後、CANON AE-1が発売され、AFの時代が始まったと思う。
AFはとても画期的で、それまでのピントが合っていることが腕がいい、ということに終わりを告げた時代だったと思う。

そういえば、学校の階段の下部分が暗室になっていて、初めて現像し、現像段階でいろいろ写真を調整できるのだなー、と知ったのだった。

遠くなってしまった記憶をたどったので、まちがいがあるかもしれないが・・・・・・


# by 22step22 | 2006-08-03 21:44 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)

K100Dブログ開始


今日2006年8月3日(木)から、K100Dとパンケーキレンズで撮影した写真ブログを開設します。
どれくらい更新できるものやら・・・まあ、週末しか撮影できないから、週1回のペースが守れればOKかな。 

# by 22step22 | 2006-08-03 21:14 | DA21mmF3.2AL Limited | Comments(0)