DE ROSA登場~和田峠~次なるステージへ

d0081997_19512745.jpg
我が家にDE ROSAがやって来ました。
各パーツの装着が済んで、とりあえずのシェイクダウン。
行き先は、今年最後と思われる和田峠です。







d0081997_19550542.jpg
d0081997_19560736.jpg
d0081997_19564675.jpg
2011年式のDE ROSA KING3 RSです。

特別塗装のStardustPaintされているSavanaカラー。ラメ入りで陽があたるとキラキラ。
コンポは、カンパのスーパーレコード。初のカンパで、慣れるには少し時間がかかりそうです。
軽いタッチですが、ガシャンと機械的な変速感ですね。
ホイールは、FULCRUM RACING ZERO 2WAYFITCUSTOM。
軽さはあまり感じませんが、CULTベアリングでヌルヌル、ペダルを止めても減速感が少ないです。

d0081997_20050745.jpg
サドルは、もうこれしかありません。
600kmブルベでも平気だったスペシャライズドのPOWERサドル。今回は、カーボンレールのS-WORKSにしました。
そして、このサドルには、BANDIT STRAP - TUBE STORAGEが取り付けられます。
チューブやCO2ボンベを持つことができるのですが、他にもいろいろ転用できそうですね。

d0081997_20184638.jpg
タイヤは、Vittoria OPEN CORSA CX 23C。
これまで、クリンチャー、チューブラー、チューブレスと使ってきて、今回はクリンチャーに戻ってみました。
種類が豊富なクリンチャーですが、チューブラーがとても良かったVittoria CORSAのクリンチャー仕様にしてみました。
タイヤに溝が切ってあるなど、外観はチューブラーと見分けがつきません。

d0081997_20254134.jpg
カンパの操作やポジション確認等をしながら、ゆっくり走ってきました。
さあ、いつもの入り口です。途中の日陰では、凍結部分もありました。今年は最後かな。
今年一年ありがとうの感謝の気持ちを込めて、ゆっくり上がるとしましょう。

d0081997_20275716.jpg
たとえゆっくりでも、キツくシンドイ激坂には変わりありません。
いつものようにやっとの思いでゴールの山頂に着いてみると、何かいつもと様子が違います。
視界が開けて、道が続いているではありませんか。
そうです。これまでの通行止めの柵がありません。何と開通しているではありませんか!
いつもなら売店で休憩するのですが、そのまま南斜面を降りて行きました。

d0081997_20315544.jpg
そうです、これですよ、この富士山が見えるこの景色。
何年ぶりでしょうか。
道路は綺麗に改修されていました。
和田峠、完全復活です。

d0081997_20341326.jpg


d0081997_20352520.jpg
和田峠南斜面を下り、藤野へ出るのですが、途中で面白そうな看板を見つけて寄ってみることにしました。
studio fujinoさん。古民家をそのまま使ってcafeや木工細工や陶芸家の作品などを置いているそうです。
薪ストーブにあたりながら、ホッコリいただきます。


出会いとご縁があり、我が家にやってきたDE ROSA。
ただ軽く硬いGIANT TCRと比べると、全体的に軽く、ダンシングするとグイッと伸びる感じで進んでいくのが第一印象でした。
各部の調整はまだまだこれからですが、来年はこのDE ROSAと共に走って行きます。



by 22step22 | 2015-12-21 20:45 | GR-D4
<< 第204回DBK 西伊豆スカイラインオフ2015 >>