第19回ツールド草津2014〜前日編

d0081997_22160404.jpg
4月20日(日)、第19回ツールド草津に参加してきました。
今年も、私は白根山コース、長女と次女は殺生コースにエントリーです。ママは応援サポートです。

昨年は、前夜から降り出した大雪に見舞われ、初の大会中止ということになってしまいました。
果たして今年はどうだったでしょうか。








d0081997_22204036.jpg
d0081997_22215977.jpg

d0081997_22222693.jpg
d0081997_22225348.jpg
前日の19日(土)、08:00に自宅を出発。
受付場所となっている草津国際スキー場へと向かいます。

渋滞もなく都内を抜け、関越も順調に走行。
草津へは高速を降りてからが長いのですが、途中で昨年はまだなかった道の駅八ツ場ふるさと館に立ち寄ります。
オープンは、昨年の4月27日とのことでした。

ここでお昼にします。
地元ならではのメニューは、普段食べることができないとても美味しいものばかりです。
大会は明日、今日は受付のみなのでのんびり楽しみながら向かいます。

d0081997_22252302.jpg
d0081997_22524921.jpg
d0081997_22533419.jpg
d0081997_22540869.jpg
13:57、草津国際スキー場に到着。駐車場に車を止めて、受付をします。
天候は晴れ、気温も高めで寒くありません。毎年前日はこんな感じです。でも問題なのは明日の大会当日です。

また寒波が来ているようで、夜の時間帯の天気予報には雪だるまのようなマークが。
あーまたか、と、一気にモチベーションが下がりますが、昨年のような大雪による中止にはならないでしょう。
一昨年も雨による悪天候のためコースを短縮して開催されたツールド草津。
本コースである白根山コースは、ここ二年間走ることができていません。
大丈夫、明日は絶対走るぞ、と気持ちを奮い立たせます。

毎年前日に受付後は殺生コースを試走するのですが、もうわかっているコースなので今年はやめました。
でも車で上がってみるかと思い進んでみたら、下の部分のゲートが閉められていて通行止めになっていました。
自転車の人たちも入れずUターンしていました。時間が遅かったせいでしょうか。それとも今年は試走不可だったのでしょうか。
d0081997_22554501.jpg
d0081997_22572364.jpg
チェックインの時間にもなっていたことから、そのまま宿へと向かいました。
宿泊は、すっかりおなじみとなった小さなホテルヴァンベールさんです。
今年は走れるといいですね、と迎えてくれました。

ガレージも解放してくれて、自転車はガレージの中に保管できます。雨が降っても濡れずにローラーアップができます。
朝食時間も大会に合わせて普段より早めにしてくれたり、いろいろ協力してくれています。
毎年ありがとうございます。

d0081997_22550874.jpg
部屋に荷物を置いた後は、明日の準備です。
計測チップを付けたり、自転車の各部を点検します。

d0081997_22464152.jpg
d0081997_22474299.jpg

夕食まで時間があるので、湯畑まで草津の街を散策します。
草津町は居住地平均標高が1188.9mと日本一標高が高い町で、街自体もアップダウンの中にあります。
宿泊先から距離的は近くですが、かなりの勾配の坂道を歩いて湯畑に到着です。
徐々に気温が下がってきました。
さあ後は、天気のみです。

by 22step22 | 2014-04-24 22:48 | GR-D4 | Comments(0)
<< 第19回ツールド草津2014〜当日編 クロマニア〜リンケージサイクリ... >>