その日、その時

d0081997_2323663.jpg

その時、落下して止まった家の時計


2011年3月11日(金)、14:30過ぎ、その日は、ちょうどひとつの会議が終わって席について仕事の話しをしていた時です。
グラグラと軽い揺れが来ました。あれっ、地震?という程度のものでした。

でも、次第に大きな横揺れになり、机につかまっていないと動いてしまうようになりました。
周りからは、ミシミシとビルがきしむ音がします。
その揺れは、長い時間続き、机の下に潜り込む人がほとんどになりました。
船酔いしそうな、そんな大きな横揺れでした。

私は新潟出身なので、中越地震、中越沖地震を知っています。
でも、東京に住んでいるので経験はしていません。
今回の揺れは、初めて経験する揺れでした。

すぐに、家族にメールを送信してみますが、返信はなし。
パソコンから、宮城県沖で大きな地震があったらしい、とわかります。
その後、配信される動画から、徐々に状況や被害の大きさがわかってきます。

そして、電車も止まっていて、いつ普及するかわからない、とわかります。
会社に泊まることよりも早く家に帰りたかった私は、歩いて帰ることにしました。
エレベーターは動かないので、33階にあるオフィスから1階まで階段で下ります。

私の会社は、赤坂にあり、自宅まで約15kmの道のりです。
もちろん、今まで歩いて帰ったことはなく、初めての経験です。
でも、自転車で走っているので、道はわかっています。

まずは、国道246号に出て、表参道を目指します。
d0081997_23433177.jpg

会社のビル近辺は、普段と変わりない様子でしたが、246へ出てみると普段とは違う異常な事態であることを認識させられます。
車道は車で動かないほど渋滞し、歩道は歩く人でいっぱいになっています。みな、歩いて帰宅する人達です。
歩いている人達の中には、防災ヘルメットを被った人や非常袋を背負って歩いている人もいます。
非常時ということをひしひし感じながら、大勢の歩く人達の波にのって、とにかく歩きます。

途中、ホームセンター店があるのですが、安価な自転車を購入する人で、長蛇の列となっていました。
また、スニーカーを求めて、靴屋さんにも大勢のお客さんでごった返していました。

表参道から原宿を抜けて、井の頭通りに入ります。
代田橋駅近くの踏切では、パトカーが道をふさぎ、車は迂回をさせています。
そのまま歩いていってみると、地震の影響からか踏切の警報が鳴りっぱなしとなっていました。
d0081997_23534148.jpg


井の頭通りから、甲州街道へ入ります。
普段は、多くの人がいる明大前駅も、今日は一人もいません。
d0081997_23554224.jpg


この日は、とても寒い日で風もあり、体の芯から冷えてきます。
途中、歩いて帰宅する人達のために、トイレあります、という張り紙や、暖かいお茶を配ってくれている人達もいて、とても感動しました。

だんだん、足が痛くなってきます。屈伸運動をしている女性もいます。私も、先は長いので、時々明るいコンビニで休憩しながら進みます。
相変わらず道路は車で酷い渋滞、歩道は歩く人でいっぱいですので、寂しい感じはしませんでした。
道がわからない人も結構いて、地図の看板を真剣に見ている人や、道路整理の警察官に聞いている人もいます。私も、何回か教えました。
結局、18:00過ぎに赤坂を出発、自宅に着いたのは22:00。4時間歩きました。こんなに歩き続けたのは、初めてのことです。

パパは帰ってこないと思って不安がっていた家族は、私の顔をみてびっくりすると同時に安心したようで、良かったです。
早速、停止しているガスを普及させました。

学校だった次女はそのまま学校に泊まり、電車が動き出した翌朝早く帰ってきました。
やっと、家族全員揃いました。

それから、TVで報道される映像を見ていますが、どれも信じられない光景の連続です。
現地は、きっと想像を絶する大変さだと思います。そして、まだまだ、被害は拡大しそうです。
被害が少しでも小さく済むよう祈る気持ちで、TVを見ています。

東京でも、まだ時々余震を感じます。しばらくは注意して生活しようと思います。
栄村レディース達も、大丈夫でしょうか。まだ、雪がたくさんあると思います。心配です。
by 22step22 | 2011-03-12 23:25 | htc Desire HD 001HT | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://step22.exblog.jp/tb/13115107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ねりうま写真生活 at 2011-03-13 00:32
タイトル : 帰宅難民日記:地震の後をPENTAX K-5 と歩いて帰る
地震の後、会社からはJRが止まっているのでできればオフィスに残った方が いいとの連絡がありましたが、家で留守番していた子供と連絡がとれないので 心配になり、歩いて帰ることにしました。 (結果的に子供は無事でした) 品川のオフィスから吉祥寺まで、Google Mapによると20Km、 徒歩4時間ということでした。 カバンに最小限の小物と500mlのペットボトル。そして終業後に夜の街を 撮ろうと思っていてたまたま持っていたPENTAX K-5を詰めて6時過ぎに 会社を飛び出しました...... more
Commented by oldnavy2000 at 2011-03-13 00:30
こんばんは
ボクも品川から吉祥寺まで歩いて帰りました。
もしかしたら明大前近くで会っていたかもしれませんね。
Commented by 22step22 at 2011-03-13 07:46
oldnavy2000さん
お互い、大変でしたね。でも、被災地に比べれば何でもありません。
こういう時こそ、それぞれ持っている力を合わせて乗り切りたいと思います。

<< 計画停電 クロマニア~利守さんと一緒に走... >>