七福神めぐり三昧

d0081997_19351877.jpg

成人の日の三連休の最終日、大江戸自転車三昧シリーズの第七弾として、七福神めぐり三昧が開催されました。



d0081997_19383431.jpg

大都会である麻布、六本木、芝公園周辺の七福神を自転車で巡ります。

d0081997_19412380.jpg

走行距離は15km程度しかないため、集合は遅めの午後1時。いつもの赤坂山王日枝神社に集合です。

d0081997_19442113.jpg

普段は、タクシーで渋滞する赤坂の街を悠々と走り抜けます。

d0081997_19454892.jpg

脇道に入ると、坂です、嫌な予感・・・・・・ここを曲がると・・・・・・

d0081997_1948979.jpg

出たあ~、いきなりの激坂です。寒かった体が、一気に温まります。押しが入ります。
この激坂は、45%でした・・・・・(ウソです)

d0081997_1950103.jpg

上ったと思ったら、今度は下ります。この南部坂は16%、下りも激坂です。上った意味があったのでしょうか・・・
まっ、そこは三昧シリーズということで・・・・・

d0081997_1954758.jpg

d0081997_19524916.jpg

まず最初は、布袋尊(久園神社)です。
ここで、御朱印あつめの台紙をもらいます。台紙は無料ですが、御朱印は各300円なり~。
解説:
福徳円満の神として信仰が厚い「布袋尊」を祀っています。
太田道灌が鎌倉時代の名工久国作の宝剣を寄進したことで、「久国稲荷大明神」として崇敬されています。

d0081997_2051512.jpg

d0081997_2064360.jpg

二番目は、福禄寿(天祖神社)です。狭い境内は、みんなで一杯です。
解説:
福(幸福)、禄(俸禄)、寿(長寿)の三徳を授けるといわれる「福禄寿」を祀っています。

d0081997_2091040.jpg

都会の路地裏を進む、三昧様ご一行。

d0081997_20104970.jpg

途中で、六本木にある縁結びの神様である出雲大社東京分祠に寄って、よい縁があるよう祈ります。
皆さん、ここが一番力強くお願いしたようです(笑)

d0081997_20175725.jpg

d0081997_20193970.jpg

d0081997_2021126.jpg

d0081997_20211669.jpg

六本木を抜け、三番目は、壽老神(櫻田神社)です。
解説:
長寿を授ける「壽老神」を祀った櫻田神社は、1180年頃に霞ヶ関の地に建立されたといわれ、その後太田道灌が再興し、1624(寛永元)年に現在のところに遷宮しました。

d0081997_20241816.jpg

d0081997_20262889.jpg

四番目は、毘沙門天(氷川神社)です。背景にドーンとそびえるマンションが、都会を感じますね-。
解説:
疾病・災難を除き、大願成就を果たすとして信仰される「毘沙門天」を祀っています。

d0081997_20283623.jpg

d0081997_20304192.jpg

五番目は、大黒天(大法寺)です。ここでは、甘酒が振る舞われていました。
解説:
福徳開運、財産授与のご利益をもたらすという「大黒天」を祀っています。

d0081997_20333770.jpg

麻布十番にある、野口雨情の「赤い靴」のモデルとなった、きみちゃん像。
d0081997_20335329.jpg

d0081997_2034976.jpg

ここで、休憩タイムです。
commuterさんの粋な演出で、長蛇の列で有名な、麻布十番浪花屋総本店のたい焼です。しっぽの先までアンコが入っていて、冷えた体を温めてくれます。

d0081997_20401545.jpg

d0081997_20405459.jpg

d0081997_20414812.jpg

六番目は、その麻布十番にある宝船(十番稲荷神社)。
解説:
大法寺から麻布十番商店街を抜けると十番稲荷神社があります。
港七福神めぐりの特徴でもある、七人の福の神を乗せた縁起の良い宝船の神社です。

d0081997_20452646.jpg

d0081997_20454884.jpg

七番目は、恵比寿(熊野神社)。
ここが一番ビルの谷間にあり、とても狭い神社でした。
解説:
商売繁盛をもたらす神として広く庶民に信仰される「恵比寿」を祀っています。

d0081997_20483034.jpg

d0081997_20493648.jpg

d0081997_20514127.jpg

d0081997_2053793.jpg

東京タワー下を抜け、最後は、弁財天(宝珠院)。
解説:
開運出世、財宝を授けるという女神「弁財天」を祀っています。

ここで、一旦解散し、参加できる人は、打ち上げ会場である五反田へ向かいます。

d0081997_20545652.jpg

d0081997_20551161.jpg

五反田駅のすぐそばにある、打ち上げ会場となった凛倶(りんく)。
きっぱんさんの後輩のお店とかで、わざわざお休みなのにお店を開けてくれました。
時間が過ぎるのも忘れて、いろんな話しで盛り上がりました。

大都会東京。
しかし、一歩脇道を入ると、びっくりするほどひっそりしていて、そこには昔ながら根付いている生活、文化がある。
最先端を走り続けている現在と、時が止まっているような昔がある東京、面白い街です。

三昧らしく?日が差さずとても寒い一日でしたが、とても楽しい時間でした。
皆さん、大変お世話になりました。また、よろしくお願いします。
皆様に、ご利益がございますように。

※解説:MINATOあらかると、より。
by 22step22 | 2010-01-12 20:59 | GR-D2
<< 春冬 武蔵五日市100kmロングラン >>